2016年3月20日日曜日

メンデルスゾーン 交響曲第5番「宗教改革」

今朝の一曲。メンデルスゾーン 交響曲第5番ニ短調 Op.107 『宗教改革』 。チャールズ・ミュンシュ:ボストン交響楽団(1957録音)にて。
ミュンシュお得意の情熱的な演奏をボストン・サウンドが支えます。
第1楽章 冒頭の「ドレスデン・アーメン」。静謐なる上昇旋律を美しい弦が奏で、明確な管楽器のコーラルが敬虔な音楽を紡ぎだします。主題部のドラマチックな推進力は、{This is Munch!}。
第2楽章 メンデルスゾーン得意のスケルツォ。好きなのは「トリオ」。オーボエとチェロとヴィオラのメロディー。
第3楽章 アンダンテは、涙ものです。メランコリーな旋律に添えられたフルートのすすり泣きが堪りません。
第4楽章 そのフルートが、ルターのコラール「我らが神は堅き砦なり」を奏でます。そこからクライマックスのフーガまで痛快なボストンサウンドが炸裂。クソ長い指揮棒を振り回すミュンシュの指揮が浮かんできそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿